トリミングかな
*
ホーム > 医療 > 妊娠悪阻とは?

妊娠悪阻とは?

妊娠悪阻とは、つわりが酷く悪化したものです。我慢できない程のつわりは、病院に行って対策をとってもらいましょう。

妊娠悪阻だと判断する目安は色々あります。一日に何度も嘔吐していたり、水も飲む事が出来ない、3日以上何も食べる事が出来ない場合は妊娠悪阻の可能性が高いでしょう。

他にも、体重がグッと減ってしまった場合や目に見えて痩せた場合、日常生活を送れない場合は病院に行った方が良いかも知れませんね。妊娠悪阻になると、酷い場合は入院をする事もあります。

入院中は絶食療法を取る事も多く、点滴から栄養を補給しながら徐々に食事を食べれる体に改善して行くのです。

妊娠悪阻は、特に妊娠初期や初産婦が重くなると言われています。

これはあくまで傾向であり、妊娠終盤になっても酷いつわりに悩まされる妊婦はいますし、二回目三回目の出産でもつわりが酷いと言う妊婦もいます。

妊娠悪阻が酷く入院にまで発展する割合は、全体の1パーセントから0.1パーセント程だと言われています。

必要な栄養を十分に摂る事が出来ず胎児にも影響が出てしまうので、つわりが酷く生活に支障をきたす場合は、すぐに病院に行った方が良いかも知れませんね。

しかし、妊娠悪阻になったからと言って死産や流産になる可能性が高くはなりません。

つわりは体質的なものも多いですが、精神的部分が影響して悪化してしまう可能性があります。出来るだけつわりや妊娠を重く考えず生活する事も大切かも知れませんね。

妊娠中の食事おすすめ-そば編-

 


関連記事

妊娠悪阻とは?
妊娠悪阻とは、つわりが酷く悪化したものです。我慢できない程のつわりは、病院に行っ...
慢性前立腺炎の症状、治療、原因
慢性前立腺炎は前立腺に起こる炎症ですが熱などはあまり出ないのが特徴です。症状が軽...